プレハブ工法 下記の各項目より選択ください。

プレハブ工法

プレハブ工法の特長

プレハブ工法はパイプ、継手および接続金具までを、加工メーカー工場内で一体接続加工し、「ユニット配管」として現場に搬入するものです。現場では「ユニット配管」の敷設、末端の支持固定および壁・床仕上げ後の器具接続のみを行う、非常に完成度の高い工法です。 特許 第2606808号

尚プレハブ加工メーカーに対して
プレハブ認定制度を設けています。

プレハブ工法の特長

  • 省力化および工期の短縮によるトータルコストの削減。
  • 工場加工による接合部の信頼性の向上と漏水の防止。
  • 梱包材の簡素化による部材搬入の簡易性と産業廃棄物の削減。

アイソメ図

プレハブ工法の施工プロセス例(消火配管)

  • 1 施工図をもとに加工図を作成
  • 2 工場ユニット加工(組み立て)
  • 3 出荷検査(気密テスト例)
  • 4 梱包出荷
  • 5 ヘッダー取付け
  • 6 ヘッド継手・固定金具取付け
  • 7 パイプ支持・配管完了